弁護士達

予期せぬ事態

エリート

B型肝炎の給付金の受取について分かりやすく解説してくれているサイトがこちらです。気になる方は調べておきましょう。

損をしないためには、財産状況を適切に把握することが大切です。

父親、母親、配偶者等、自分が相続人となる誰かが死亡した場合、相続が開始されます。相続とは、被相続人(父親、母親等)の権利義務のすべてを承継することです。つまり、不動産や預金債権といった正の財産ばかりでなく、借金など負の財産もすべて受け継ぐのです。ただし、これは単純承認をした場合の話です。負の財産が多い場合、正の財産の限度で、借金を受け継ぐという限定承認、又は、すべての権利義務を受け継がないという相続放棄をすることにより、負の財産を受け継がずに済みます。これらは、家庭裁判所に陳述することにより、可能となります。予期せずに借金を受け継いでしまわないためには、被相続人の財産状況を適切に把握することが大切です。

相続の開始を知った時から、3か月以内にしなければなりません。

法律上、相続をどうするかについては、期間制限があります(民法915条1項)。ただし、家庭裁判所の申し立てることで、熟慮期間を延長することができます。この期間内に、上記3つのうちから、いずれかを選ばなければなりません。相続税など、複雑な計算も伴うことになりますので、専門家に依頼し、最善の選択をするとよいでしょう。また、単純承認をして、お金を受け取る場合にも、時として、専門家の手助けが必要となります。この場合に必要なお金は、事案の難易度、遺産の額などによって異なります。参考までに、日本弁護士連合会公式サイトに掲載された例を紹介します。これによると、遺産が1億円、調停を利用して、法定相続分5000万円を取得した場合、平均して、着手金として30万から80万円、報酬金額として100万円から140万円必要となります。

旅行保険の海外で申し込みを行ないたいと考えているならサイトを調べてみるといいでしょう。詳細がこちらに記載されています。

税金を減らす

スーツ

法律のプロは、相続税に関する知識を十分に持っている集団です。相続に対する疑問点は、積極的に相談していきましょう。納税対象のものや税金が引かれないものがありますので税金を減らすきっかけがつかめます。

悪化させない

弁護

故人が亡くなると、遺産相続のながれになりますが親戚や家族が集まり話し合いをするのでトラブルに発展することもあるでしょう。遺産相続の依頼も今はリーズナブルな金額で出来るのでどんどん活用していきます。

海外のケース

電話

相続をしてもお金が取られる時代です。税金の国日本ですから仕方がないでしょう。状況に合わせた対策が不可欠になりますし、海外で相続をする場合もやり方がありますから対応出来るように税金の勉強もすべきでしょう。